オードブルとしても重宝する野菜の冷製スープ

野菜を使った冷製スープの味は爽やかですから、オードブルの料理としてふさわしいものです。夏の季節であれば、真っ赤に熟したトマトを使ったスープを作ることがおすすめです。トマトは皮ごと使うようにして、ミキサーにかけていきます。歯ごたえを加えるために、キュウリや玉ねぎのみじん切りを入れていきます。

最後の仕上げとして、バジルのみじん切りと塩を加えれば出来上がりです。トマトの冷製スープには酸味が程よくあるため、主菜を食べる前に食欲を増進させるために最適です。濃厚な冷製スープをオードブルとして作る場合には、カボチャを使うことがおすすめです。蒸したカボチャに生クリームやブイヨンを加えてミキサーにかけて、塩と胡椒で味付けをします。

なめらかな舌触りとするために、裏ごしすると本格的になります。カボチャの冷製スープを最初に飲めば、濃厚なコクによって胃腸の調子も良くなります。和風のスープをオードブルとして出すためには、味噌を味付けの基本として使うことがおすすめです。すり鉢で胡麻をすりおろして、好みの味噌を加えてよく練っていきます。

次の段階で水を加えて、キュウリや青じそのみじん切りを加えていきます。ミョウガや生姜などの香味野菜も加える風味が引き立ちます。この料理は冷や汁の作り方を応用したものですが、冷たい味噌汁としても利用できる利点があります。和食のオードブルとして食べれば、キュウリの歯ごたえと青じその芳香のおかげで食欲が倍増します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です