美容効果が見込めるもつ鍋

少ない予算で味わえる鍋といえば、もつ鍋です。もつ鍋の最大の特長は、美容効果が見込めることです。もつには必須アミノ酸やコラーゲンが豊富に含まれています。それでいて低カロリーで、たとえば同じ量のカルビと比べると、3分の1程度のカロリーしかありません。

ただ、もつに含まれるコラーゲンは、それだけを摂取してもあまり意味はなく、他の食材に含まれるアミノ酸やビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することがポイントとなります。豆腐、ニラ、キャベツ、もやしなどの食材を同時に摂取することで、美容効果をより高めることができます。ニラには硫化アリルをはじめ、カロチン、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、カリウムが豊富に含まれています。キャベツはビタミンの宝庫で、B1、B2、Cなど水溶性ビタミン、A、E、Kなど脂溶性ビタミンのほか、他の野菜には含まれないビタミンUも含まれています。

ニラもキャベツも食物繊維が豊富ですが、もやしを入れることでさらに食物繊維が多くなります。唐辛子に含まれるカプサイシンは代謝を促進します。もつの歯ごたえをゆっくり味わうことより、顎が鍛えられたり、脳が刺激されるという効果もあります。もつ鍋というと冬のイメージがありますが、実際は季節を選びません。

豆腐、ニラ、キャベツ、もやしなど定番の食材は年中どこでも簡単に入手できます。唐辛子やにんにくは食欲を増進しますから、夏バテ対策にもうってつけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です