もつ鍋には美肌効果があるって本当?

もつ鍋は寒い冬の定番鍋料理にもなっていて、外食でも家でも手軽に食べられる料理です。もつ鍋を食べると、からだに良い効果をもたらしてくれるだけでなく、美肌効果もあると言われています。では、どうして美肌効果があるのでしょうか?もつ鍋に使われている材料は主に、牛肉のホルモンであるもつ、ニラ、キャベツ、もやし、にんにくなどです。これらの食材には、それぞれ美肌に効果的な役割を果たしているのです。

まず、もつには、コラーゲンが豊富に含まれているためお肌をプルプルにしてくれます。保湿力をあげてくれるアミノ酸も豊富に含まれており、コラーゲンとアミノ酸の二つの働きでアンチエイジング効果があるのです。もつは脂肪が少なく低カロリーなので、ダイエット中でも安心して食べられます。もつと一緒に入れるニラには、硫化アリルという成分が含まれており、ビタミンB2の吸収を助けてくれる働きがあります。

また、ニラにはカリウムを含むので、老廃物を排せつしてくれる役割があり、むくみを解消してくれるのです。さらに、βカロチンやビタミンB1、B2、Cやミネラルが豊富なので、新陳代謝を促してくれるため、ターンオーバーが保たれることで、老化防止にもなります。キャベツには、ビタミンCが豊富に含まれているため、メラニンを抑制してくれるので、シミ・そばかすができるのを防いでくれます。便秘になると肌のトラブルが起きやすくなりますが、キャベツに含まれている食物繊維で、便秘改善ができます。

にんにくにも、ニラと同じ硫化アリルが含まれているため、美肌効果や疲労回復効果があるのです。このように、もつ鍋に入れる食材には、美容によい効果をもたらしてくれる成分がたくさん含まれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です